修繕について標準的な

家づくりで高気密·高断熱

おまけに道路はバイクだらけで、ホーチミン市は喧騒に包まれている。二人乗りはおろか、三人や四人の家族乗りさえ見かける。こうした状況だと、冷房の効いた飲食店は本当にありがたい。うるさい音も完全にシャットアウトされるからだ。店内からガラス窓一枚を隔てた外部は別世界のように感じられる。ベトナムは、フランスによる植民地支配を経験したために、ンス人建築家の手がけた本格的な洋風建築が多く残っている。トナムを移動中、知り合いの研究者にばったり会った。サイゴン大聖堂や中央郵便局など、フラ九○年代以降、建築史の研究も進み、ベホーチミンの西北約100キロの郊外にタイニンという街がある。クルマを1日借りて、ここに出かけた。カオダイ教という新宗教の総本山を見学するためだ。

  • 工事が始まってしまうと
  • 家の中がベタベタにならないよう、家なの
  • 建築的な態度に冷ややかだった翌年批評

家の大事な柱にカビが生えるなど、家が良いな

「ちなみに日本のスケジュール管理は週単位程度です。」時給が安くても効率的に働けば賃金は増えます。原子力潜水艦の建造スケジュール管理に使われたPCソフトが元になっていると聞きましたが建築現場からムダを排除するのに絶大な威力を発揮します。日本では導入不可能でした。旧態然とした建築業界で大工仕事を細分化すことなど不可能です。日本の大工さんは朝現場に入ってから帰るまでに3回の休憩を取ります。真夏などはそれでも大丈夫かなと思うことがあるくらいです。
間取りを見ると
移民の受け入れをほとんどしていないことと、住宅建築。の技的なマインドを持つ日本人の心情などで、これらの合理化によって住宅のコストを下げることは永遠に不可能でしょう。日本人は解体工事のようなものでも外人がやっているとイヤがります。大工さんの仕事というのは宮大工などに通じて、日本人には神聖な仕事というイメージを持っている方が多いです。そのわりには今の日本人は建築というものを知らないです。昔の人は建築のことをよく知っていました。村単位で建前を手伝ったりする関係で材のこと、建築各部の名称など一般常識として皆持っていたのでしょう。家づくりは価格が大きな買い物

暮らしは言葉に出来ましたでしょうか

取りすぎを防ぐためにも綿棒がよさそうです。最後に私の耳かきあるあるを1つ。耳かきするときって、口を大きく開けながらやりませんか。なんだか顎骨の関係か、口を開けたほうが耳の穴が良き開き、気持ちよく奥まで取れる気がするのです。が、私だけでしょうか。「玄関」空気入れ以前はロードバイク用の空気入れを持っていました。しかし、ある時自転車屋に行って気がついたのです。家づくりは価格が大きな買い物

家づくりは価格が大きな買い物

「空気入れ、無料貸し出しやってる。自宅の空気入れ、必要ないのでは。」それから、エイヤッと空気入れを処分してしまいました。処分した今は自転車の空気がなくなった時に、近所にある馴染みの自転車屋に行き、空気を入れています。ママチャリ用の普通の空気入れはほとんどの自転車屋で無料貸し出ししています。クロスバイク·ロードバイク用空気入れは置いていない自転車屋もあります。